top of page

🎪Sélection Souk vol.6🎪

 

                                               shared by laRihla

 

心の目で見つめたときに浮かびあがってくる世界。

 

laRihlaのふたりのフィルターを通したモロッコの魅力探訪。煌めく宝の山の中に、人知れずひっそりと埋まっている原石たち。

 

とっておきのセレクト品をぜひご堪能くださいませ。

 

 

 

ご予約受付期間:

 2024年7月5日(fri)蟹座新月 〜 7月21日(sun)山羊座満月

                ※一部のアイテムは8月初旬まで

 

お届け予定:

 7月下旬以降より順次

 

 

出品商品一覧はこちらから⇨🎪Sélection Souk vol.6🎪

 

 

 

<ミントティー・グラス>

 

スークでのショッピング中、店主たちから幾度となくベルベル・ウイスキーを勧められた経験はありませんか。そう、マラケシュっ子たちの合言葉で、それはつまり甘いミントティーのことを言います。

 

モロッコにもティー・セレモニーの文化があります。王族の由緒ある儀式はもちろんのこと、庶民の日常においても日に何度もお茶を沸かして団らんする習慣が深く根付いています。シュウィーヤ ブ シュシーヤ(スローリー、スローリー)、ひと休み、ひと休み。

 

世界遺産ジャマ・エル・フナ広場を通り抜けて、西側の入り口から目抜き通りのスマリンにアクセスすると、ミントティー・グラスやポット、トレイなどが所狭しと並んでいるお店が軒を並べていることに気が付くでしょう。

 

色柄の鮮やかさと、珍しい小ぶりな手乗りサイズのグラスたちに目を奪われては、手荷物の重量制限と葛藤する方も多いのでは。

 

ここでは、スークの色と文様の世界から特にスムスムの世界観に共鳴するグラスをセレクトしてみました。モロッコで主流のサイズよりも、ひと回り大きめのものを中心に集めています。

 

 

マラケシュに移り住む前に暮らしていた、大西洋岸の小さな町。そこでは女性たちが絨毯の中に「カルブ・リモーン(オレンジのハート、オレンジの心)」と呼ぶ模様を織り込んでいます。

 

このグラスを初めて見たとき、カルブ・リモーンの様々な色彩が記憶の中に蘇りました。モロッコでは女性たちのイマジネーションから生まれた無数の文様がありますが、そういった独創の産物がやがて定番の意匠となって日常を彩っています。

 

 

一揃えでもアソートでも、もちろん厳選した1点でも。ひとつ取り入れるだけで日常を数トーンも明るくしてくれる一品であることをお約束します。

 

 

✴︎Wholesale向けの受注も受付中です。

 

 

 

◆laRihla《ラリラ》◆

 

わたしたちとともに旅しましょう。

 

 

アラビア語で「旅」を意味する「Rihla رحلة」にフランス語の冠詞「la」を付けて、フランス語風に「h」の音を欠落させて読ませた「ラリラ」。

 

モロッコ国内旅行や世界旅行からのインスピレーションによる、それぞれ日仏出身の男女ふたりによるユニットです。

 

 

マラケシュのスーク、世界のマーケットやマルシェで掘り当てた、煌めく宝もの。旅先で出会った人々と、彼ら彼女らによるハートが踊る手仕事たち。

 

はたまた異国をめぐる旅の中で出会った素材を持ち帰り、モロッコの伝統技術で形にする。

 

エトセトラ、エトセトラ。

 

 

心の旅、知性の旅、味覚の旅、意識下への旅。旅をして生きる、旅の中で生きる。

 

「人生」という名の旅を心から愉しみ味わうためのエッセンスを、物や人を通してみなさまとシェアしてまいります。

 

https://www.semsem-paris-marrakech.com/larihla

〔Sélection Souk〕ミントティー・グラス/カルブ・リモーン 4色

¥1,540Price
color
  • 高さ:約10m

    口径:約6.5cm

bottom of page